ドライアイとはなんぞや

 

ドライアイは現代病とも呼ばれています。眼を保護しているのは涙液になりますが、これが不足することによって目の表面が乾いてしまう、それがドライアイです。

 

簡単にドライアイの症状を見ていきましょう

 

・目が乾く
・目が疲れる
・目が痛くなる
・目が充血してくる
・目がけいれんする
・目を開けていることができない
・自然に涙が出る

 

このような症状が表れてきます。ドライアイの症状を放置すると、角膜や結膜に障害が起きる可能性があります。ドライアイかもしれないと感じた場合には早めの対処が必要になります。

 

ドライアイは目の乾燥と言うことになりますが、それは傷つきやすい状態に直結します。例えば、眼に入った異物、ごみやほこりやまつげなどは本来涙が洗い流してくれるものです。その涙が不足しているということは異物の排出ができずに目を傷つけてしまうことになります。

 

また、涙にはほかにもさまざまな働きがあり、酸素や栄養分を角膜まで運ぶ、さらには殺菌作用があるということがあります。涙が不足、ということはこれらのことができないということになってしまうのです。

 

酷使するような眼の使い方をしていると起こりやすいものです。眼を使うというのは、私たちの生活の中ではもちろん重要なことです。さらに、眼を酷使させる仕事もまた多いでしょう。パソコンはすでに現代の最低生活必需品の一つにも数えられています。これほどまでに普及したパソコンで、ドライアイが現代病となってしまったのは必然であったのかもしれません。

白内障と緑内障の違いはなに?

目には様々な病気があります。白内障と並ぶ有名どころが何かと問われれば、縁内障が挙げられます。しかし、これらの違いをあまり理解できていない方も少なくないようです。ここでは白内障と縁内障の違いを見ていきたいと思います。

 

縁内障も白内障と同様、年齢が上がるほどその発症率が高まる病気です。これまた同じく自覚症状も薄いため、眼科での定期検査などにより、偶然発見されるということが多いようです。白内障の治療にこれが効く!⇒白内障サプリランキング【白内障の予防と改善に◎】

 

また、自覚症状が出始めた頃にはすでに病気がかなり進行しているということもあります。ここでもやはり、定期的な検査が重要となります。白内障と明確に異なる症状には、視野が欠けるというものがあります。

 

徐々に進行していくため自分ではなかなか気が付きにくいのですが、実感した頃には視野がかなり欠けてしまっているということもあります。一方で白内障は水晶体の濁りが原因となり物が霞んで見えたり視力が低下したりする病気ですので、縁内障とは似てことなる病気なのです。

 

そのためか、白内障と縁内障の両方を患ってしまう方も意外に多いようです。高齢者の方が罹りやすいという共通点が、併発を招いているのかもしれません。白内障による視力低下に縁内障の視野欠損が重なれば、相当に不自由な生活を強いられることになります。

 

どちらともに早期発見をするには定期検査を利用するしかありません。また、症状が進行してしまう程、不便さや手術のリスクは高まります。少しでも異常を感じたら、検査を受けるよう心がけましょう。症状の度合いが深くなり過ぎていなければ、手術はそれほど難しくはないのです。