ドライアイとはなんぞや

 

ドライアイは現代病とも呼ばれています。眼を保護しているのは涙液になりますが、これが不足することによって目の表面が乾いてしまう、それがドライアイです。

 

簡単にドライアイの症状を見ていきましょう

 

・目が乾く
・目が疲れる
・目が痛くなる
・目が充血してくる
・目がけいれんする
・目を開けていることができない
・自然に涙が出る

 

このような症状が表れてきます。ドライアイの症状を放置すると、角膜や結膜に障害が起きる可能性があります。ドライアイかもしれないと感じた場合には早めの対処が必要になります。

 

ドライアイは目の乾燥と言うことになりますが、それは傷つきやすい状態に直結します。例えば、眼に入った異物、ごみやほこりやまつげなどは本来涙が洗い流してくれるものです。その涙が不足しているということは異物の排出ができずに目を傷つけてしまうことになります。

 

また、涙にはほかにもさまざまな働きがあり、酸素や栄養分を角膜まで運ぶ、さらには殺菌作用があるということがあります。涙が不足、ということはこれらのことができないということになってしまうのです。

 

酷使するような眼の使い方をしていると起こりやすいものです。眼を使うというのは、私たちの生活の中ではもちろん重要なことです。さらに、眼を酷使させる仕事もまた多いでしょう。パソコンはすでに現代の最低生活必需品の一つにも数えられています。これほどまでに普及したパソコンで、ドライアイが現代病となってしまったのは必然であったのかもしれません。